薄毛は育毛薬で早めの治療が吉

薄毛の対策はいくつから始めても遅いということはなく、早めの治療がいいと言われていますが、なぜ早い方が効果的なのでしょうか。また、育毛薬は薄毛に対してどんな作用や効果があるのでしょうか?

禿げ対策は育毛薬か植毛か

禿げへの対策をする際、育毛薬を利用したり植毛を行うという選択肢がありますが、それぞれにメリットとデメリットがあります。
まず育毛薬を利用する場合のメリットですが、一番のメリットはやはり自前の髪の毛が復活する事ではないでしょうか。カツラなどのように人工物ですと自前の髪の毛ではありませんので、不安を感じたり後ろめたい気持ちを感じてしまうものですが、自前の髪の毛が回復すれば、それが一番良い禿げの改善方法と言えます。
育毛薬のデメリットは生えてくるまでに時間が掛かる事です。薬を飲んでもすぐに生える訳ではありませんので、しばらくの間は禿げの状態を我慢しなければいけません。また、どの程度の時間が掛かるのかは人によって違いますので、もしかしたら何年かはなかなか効果を感じられない可能性もあります。
一方の植毛のメリットですが、手っ取り早く禿げを隠せる事です。特に自毛植毛の場合ですとすぐに髪の毛のボリュームをアップさせる事ができますので、一刻も早く禿げを隠したい時に役立つ治療法と言えます。
薬を利用し続けるなどの手間が無いのもメリットです。育毛薬の場合ですと状態を維持する為に薬を飲み続ける必要がありますが、植毛の場合ですとそのような手間はありません。ただし人工毛の場合ですと定期的にメンテナンスが必要になってしまいます。
デメリットとしては傷になってしまう事です。これは自毛植毛の場合ですが、自分自身の頭からドナーを採取する必要がありますので、採取した部分が傷になって残ってしまいます。
髪の毛の量によっては自毛植毛ができないのもデメリットです。人工毛ならいくらでも増毛できますが、自毛植毛ですと採取できるドナーがないと根本的に治療を行えないのです。